同業種の後輩が「独立したい」と相談してきた時の、YOSHIから贈ったアドバイスの話

こんにちは、YOSHIです。

 

今回のタイトルはネットビジネスには関係ないと思いますか?

 

 

 

残念!ありますぅー!まさに外道!

外道赤ちゃん

 

まぁ、正確には

「ネットビジネス」と言うか「ビジネス全般」としての話です。

 

 

僕の様に、

【本業はリアルビジネスで独立している人、独立しようとしている人】

または、

【副業としてネットビジネスをしている人、しようとしている人】

 

には、参考になる話だと思うので、是非とも最後まで読んでください。

 

 

同業種の後輩が「独立したい」と相談してきた時の、YOSHIから贈ったアドバイスの話

 

予てからお話ししていますが、

僕の本業はリアルビジネスです。

 

副業としてネットビジネスをしています。

 

現在は、節税の為に法人化していますが、最初は個人事業主から始めました。

そして、ぶっちゃけ、現在は副業であるネットビジネスの方が本業の収益の5倍以上あります。

 

ですが、本業の方を辞めるつもりはありません。

 

もともと好きで始めた事ですので、いくら稼げる様になったとしても辞めるつもりはありません。

 

ですが、収入のストレスが無い状態でする商いは、超気楽だし、超自由だし、超楽しいです。

 

自由

 

まず、嫌なお客さんはこちらからやんわりとお断りできます。

(予約がいっぱいだと言って予約を入れない。)

これだけでも、精神的ストレスはかなり減ります。

 

予約をコントロールして好きな時に休めるし、好きな時に働けます。

(僕は、毎日昼寝の習慣があるので、予約制と言うのは便利です。)

 

この二つがあるだけで、毎日が充実します。

 

 

たとえ、本業の方で収入がゼロだとしても、構築したネットビジネスの仕組みが毎日、毎月収益を出し続けてくれているのです。

 

独立した人にとって、これ以上の安心感は無いでしょう。

 

 

…という事を後輩にアドバイスしています。

 

 

まぁ、真面目な職人気質の人には「ネットビジネス」という言葉は伏せてキャッシュポイントを複数持つことの重要性だけを説きます。

(やはり、「ネットビジネス」と言う言葉は「ネットワークビジネス」「マルチ商法」のイメージが強いようで、素人には怪しい様です。)

 

ですが、「商い」を「ビジネス」という風に柔軟な思考を持っている後輩には

インターネットを活用した、レバレッジが利きまくるビジネス…「ネットビジネス」というものを教えます。

 

 

話を戻しますね。

 

先日、僕の所に、昔の修行先だった会社の後輩が相談に来ました。

 

その後輩はまだ、同じ会社に在籍しているようでしたが、

精神論ばかりを押し付けてきては、

給料は変わらないのに労働時間は増えるばかりで、

前と変わらずボーナスも残業代も出ない状況に深い疑問を抱いている様で、

 

「YOSHIさんみたいに独立しようかなって思っています。」

 

と相談してきました。

 

会議中

 

ネットビジネスのトップランカーである小玉歩さんの著書の「クビでも年収1億円」で

クビでも1億円 サンプル

引用:クビでも年収1億円(コミック版) 著者:小玉歩 作画:丸山勇樹  構成:横井憲治

 

とありますが、

僕は、リアルビジネスで独立するのであれば、相談出来る相手を作っておくことは重要だと思います。

一人か二人だけでも、夢を同じにしている人を見つけて仲良くなっておくのもアリです。

 

※ちなみに、この「クビでも年収1億円」の電子コミック版が今なら、無料でダウンロード出来ます。

クビでも年収1億円」電子コミック【無料】

 

 

話を戻して、

僕が後輩からの相談に対して答えたアドバイスはこんなんでした。

 

 

(以下、会話形式でお話しします。)

 

後輩「YOSHIさん、独立してどうでした?」

 

僕「いや、正直な話、最初の半年~1年は地獄だったよ。全然お客さん来ないし、貯金は減っていくし…。」

 

後輩「マジっすか…。でも、今は、なんか凄そうですけど…。」

 

僕「いや、全然だよ。」

 

後輩「でも、時々1週間とか休んで旅行行ってるじゃないですか。フェイスブックで見てますよ。」

 

僕「バレっちゃってるか……実はそれには、秘密があるんだ♪ コレだよ。進○ゼミ!」

 

進研ゼミ

引用:進研ゼミ 株式会社ベネッセコーポレーション

 

後輩「わぁ~、僕にも教えてください~。……ってYOSHIさん、俺、割とマジで相談してるんですけど…。」

 

僕「そうだな…。お前、独立してどうなりたいの?」

 

後輩「そうですね。やっぱり、YOSHIさんみたいな状態になりたいっすね。」

 

僕「ふーん…。どんなイメージよ?それ。」

 

後輩「嫌なお客さんは断って、好きな時に休んで、好きな時に働いて~っていう感じですかね。」

 

僕「まぁ、そうだわな。……でもな、お前がそれやったら絶対潰れるわ。

 

後輩「……。」

 

僕「お前、僕が以前右膝折ったの知ってるっけ?」

 

脛骨粗面骨折

 

後輩「はい。フェイスブックで知りました。」

※僕が骨折をキッカケに副業を始めた話はプロフィールにて

 

僕「僕、そんな事まで書いたっけww……まぁ、良いわ。それ見てどう思った?」

 

後輩「一人で経営しているのに大変だな~って思いました。」

 

僕「あの時、手伝いに来てくれたもんな。そんなお前だから、教えてやるよ。」

 

後輩「あざっす!」

 

僕「怪我しても一人経営者は仕事しなきゃ、収入が無い=死だ。だから、松葉杖ついて出勤したよ。その時、思ったんだ。『自営業ってなんてリスキーなんだろう』って。」

 

後輩「……。」

 

僕「保障とか何にも無いんだからな。…でもな、その代わりに会社員時代には無かったものがある。

 

後輩「…なんすか?」

 

僕「時間だよ。独立したての時なんて、最初は友達とかが『おめでとう』って来てくれるけど、最初から千客万来って事はかなり稀だ。僕の場合も、正直暇だった。その時間をYoutube観て過ごすか、1円でも多くのお金を稼ぐ為の何かをするかで大きく変わる。」

 

後輩「…なるほど。」

 

僕「まぁ、ぶっちゃけると副業をやれって事なんだけどな。出来れば在宅で出来るもの。」

 

後輩「とかっすか?」

 

僕「まぁ、そんな感じだ。」

 

後輩「YOSHIさんは何やってるんすか?」

 

僕「そうだね…株もそろそろやろうかなって思っていたところだよ。」

 

後輩「じゃあ、今までは何やってたんすか?」

 

僕「お前、変な所で目ざといよな…。『副業 種類』でググれ。自分で調べる癖をつけろ!そんで、在宅で出来るものを選んでみろ。」

 

後輩「調べました!株、FX、電脳せどり、アフィリエイト、書籍販売、情報販売とかが在宅で出来そうなヤツです。」

 

僕「いやぁ~、スマホって便利だね。…すぐにググれるもんね。」

 

後輩「YOSHIさんがやってるのこの中にありますか?」

 

僕「……あるよ。」

 

後輩「どれですか?」

 

僕「……昔はせどりやってたし、今はアフィリエイトやってるよ。」

 

後輩「どうやってやってたんすか?」

 

僕「お前ね…そんな一言でまとめられるようなもんじゃないんだよ。

今日のアドバイスは『独立するなら、本業の合間に出来る副業を探せ』だ!

ほら、メシ食いに行くぞ。お前何食いたい?」

 

後輩「焼肉が良いっす!」

 

僕「賛成!良い店あるから行こうぜ。食わせてやるよ。」

 

後輩「あざっす!」

 

焼肉

 

ってな感じでした。

 

 

あと、焼肉食べながら具体的に

「リアルビジネスで独立するなら最低でも半年分くらいの生活費は貯金しておけ」

とか

「本業とか副業とかこだわらないで、『ビジネス活動』って考えろ」

とか

「単発でドカン!じゃなくて、細く長く続くものを何個も持て」

とか言いました。

 

 

僕の様に、独立している人であるならば、

「本業以外のキャッシュポイントを持つこと」

が超重要です。

 

 

怪我や病気で本業が出来なくなったとき、療養中の収入はどうなりますか?

 

自分が休んでいても、働き続けてくれる仕組みを作ることは「安定」には重要です。

 

昔は、仕組みを作る為には、人を雇ってマニュアル通りに働いてもらう必要がありました。

 

 

それが今では、インターネットとIT技術で、人を雇わずとも仕組みの構築が容易になりました。

 

ITによる仕組みは、人と違って不平不満を言わずに24時間働き続けてくれます。

 

インターネットとIT技術により、個人でも会社と同じだけの総合力を手に入れる事が出来ました。

 

 

 

あまり大規模な会社組織にはマンパワーが必要ですが、

一人の人間や、その人間の大切な人を幸せに出来る程度の収入でしたら個人で作る仕組みだけで十分に得られます。

 

「本業」とか「副業」とかにこだわらず、「ビジネス活動」として、安定して収益を生み続けてくれる仕組みを複数持つことを意識して下さい。

 

僕の場合は、お客さんを「待つ形」のリアルビジネスですので、「在宅」で出来るものが好ましかったので、

同業種の後輩には「在宅で出来る副業を探せ」と言いましたが、

 

営業とかで外に出ていることが多いといのであれば「店舗せどり」とかでもいいと思います。

※せどりは、即金性が高く稼ぎやすいのは事実です。

 

「本業」とか「副業」とかにこだわらず、「ビジネス活動」として、安定して収益を生み続けてくれる仕組みを複数持つこと

 

これも本質思考だと思います。

 

 

長くなりましたが、以上です。

 

 

何か質問などありましたら、こちらにご連絡下さい。

YOSHI

■・ ・・・‥………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★無料メルマガのご案内★

%e3%83%a1%e3%83%ab%e3%83%9e%e3%82%ac%e7%94%a8lp%e3%80%80%e3%83%98%e3%83%83%e3%83%80%e3%83%bc

※【無料】で知り、毎月安定して稼ぎたい方はチェック!※

↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓ ↓

申し込みフォーム



また、僕のメルマガにご登録頂いた方全員に、以下のレポートをプレゼントしています。

e-book 表紙02

ネットビジネスで稼ぎ続けるのに必要な「本質」について無料で学べるメルマガです。

メルマガ登録はこちら

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★【YOSHIが実践して成果を上げられた教材一覧】★
僕が実際に使ったり中身を確認したり実践して、
お金を払う価値がある商品だけを紹介しています。

良いものには投資したほうが圧倒的に稼ぎやすくなるので、
余裕があれば導入を検討してみてください。
初心者向けオススメ教材一覧

※実践者さんが増えて来ています。
僕からの「補完マニュアル」も役に立てている様で嬉しい限りです。

■・ ・・・‥………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

★ネットビジネスで稼ぐ為の「本質思考」のまとめ★

僕がブログやメルマガでお伝えしている
【ネットビジネスで稼ぎ続ける為に必要な本質】
について解説している記事をまとめました。

ネットビジネスで稼ぐ為の「本質思考」のまとめ

【本質思考の格言】だけでも、学びになると思います。

■・ ・・・‥………━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━  

2 Responses to “同業種の後輩が「独立したい」と相談してきた時の、YOSHIから贈ったアドバイスの話”

  1. 蒼士 より:

    YOSHIさん、こんにちは、蒼士です。
    複数のキャッシュポイントを作ることは重要ですよね。
    安定させるためにも必要だし、働けなくなった時にも必要ですからね。
    それに貯金は半年分くらいしておくとか、本当のアドバイスですね。
    いきなり独立するには、色々と準備が必要ですからね。
    参考になりました。
    ありがとうございました。
    それでは応援して帰ります。

    • yoshi より:

      蒼士さん、こんにちは。YOSHIです。

      いきなり専業でやるのは、良い面もありますが、
      挫折しないように心がけていれば、副業からの方が無難です。

      何かチャレンジする時には、半年分は蓄えがあった方が、のびのびできますしね。

      今後ともよろしくお願いいたします。

      YOSHI

コメントを残す

サブコンテンツ

管理人

YOSHIの無料メルマガのご登録はこちら


こんにちは。YOSHIです。

副業から始められるネットビジネスですが、稼げていない方が圧倒的に多いのが現状です。

それは
「正しい思考」
「正しい知識」
「正しい方向性に沿った実践」
をしていないからです。

このブログでは、僕が実際に月に100万円以上を安定して稼げるようになってわかった「ネットビジネスで稼ぐのに大切なこと」について情報発信していきます。

「副業」や「ネットビジネス」
に興味がある方や
「ネットビジネス初心者さん」

「思った通りに稼げていないネットビジネス経験者さん」
も大歓迎です。

詳しいプロフィールは⇒こちら

ネットビジネスで成功したい方

YOSHIがネットビジネスで安定して稼げるようになった手順
無料で出来て、誰でも簡単に稼げる方法
稼ぐなら知っておくべきなSEOの本質
成功の最低条件。これさえ出来れば成功確実
無料で稼ぐ方法は存在する。
ビジネスの本質「提供する側にならなければ稼げない」

※閲覧する為のパスワードはメルマガにてお伝えしています。

ネットビジネスで最短ルートで成功する方法
ネットビジネスで確実に成功する方法
お金が湧き出る泉の口座を作る方法

このページの先頭へ